秋冬メンズファッションの極意!再会する男友達に着て欲しくないコレ

夫の私服をキレイめに改造するためのお手本をみる!

 

 

秋冬メンズファッションの極意!再会する男友達に着て欲しくないのはコレ

 

秋冬メンズファッションの極意!もうすぐ母校の文化祭だから、また中学校の頃の男友達や後輩の男の子の服装が気がかりになるんだ。だって見ていてなんかいやな感じ服だったら見苦しいから、というよりも実際に一度くらいはダサいコーディネートだったね。まずは黒のトレーナーを使った殺風景なシンプル系のコーディネートかな。シンプルにも度があるからね、さすがに落ち着いた季節だからってやりすぎちゃうと、殺風景になって思わずちょっとだけドン引きしちゃうわね。それに、コーディネートのテーマが「シンプル・イズ・ベスト」なんて、逆に「何考えてるんだこいつは」っていう気にもなるしね。

 

次に秋冬メンズファッションで嫌なのは、ジャラジャラが余計に引き立つロック系かな。秋冬になると、さすがに「これはどこぞのチャラ男か」という気分になって、親近感ぶち壊しになっちゃうのよ。派手なアクセサリー大量に付けたくなるロック系は、秋冬になるとさすがに刺激が強すぎて困ってしまうわね。刺激が強いといえば、スポカジュ系はこの季節になると刺激が強くなるのよ。春夏はちょうどいいのだけれど、秋冬になると何かと落ち着きのない感じに見えるの。大体、いいコーディネートというのは「スポーツの秋」という言葉につられて考えるものじゃないからね。「絶対○○の秋って言葉に弱いじゃないか、つられてるぞ」と思いたくなる秋冬メンズファッションのコーディネート筆頭と言っていも過言ではないわね。

 

あまりにも秋冬メンズファッションで刺激が強いと、かえって暑苦しいから勘弁して欲しいところね。暑苦しいといえばもう一つ、派手系の服もなんか秋冬だと暑苦しくて見ていられないわね。「芸術の秋」とか「食欲の秋」とかそんな言葉を思い浮かべてわざと派手に見せるのは逆効果。見ている女性目線で考えると「何が言いたいの」という複雑な雰囲気になるのよ。だから派手系も極力着て欲しいとは思えないの。最後に、私は紳士のような雰囲気を持つ系統のコーディネートが好きで、髪型はストレートが好みなんだ。だって秋冬だからこそ、せめて絵空事のような夢を見させてほしいだなんて想像しちゃうからね。同年代でも年下でも変わらないよ。

 

ダサい旦那を卒業したい人にオススメのコーデ!