夫の私服をキレイめに改造。ダサいを卒業させる為に実践したこと

夫の私服をキレイめに改造するためのお手本をみる!

 

 

33歳の夫の私服がどうしようもなくダサくて、ネタにしてからかっているのですが、本人はそれをおいしいと思っているのでしょうか、嫌な顔をするよりはむしろ喜んでいます。ファッション関係の仕事なのでそれなりの格好はしてほしいのですが。まず、柄物と柄物を平気で合わせます。(最近の流行りの柄on柄ではなくストライプにボーダーなど。)色を全身で揃えたりもします。パンツはロールアップのことが多く、ロールアップの内側のチェック柄やドット柄を見せています。夫の私服は、マネキンが着ているコーディネートをまるごと買い×3、といった買い方をしています。なので、そのコーディネートはできるけれど、他のアイテムとの組み合わせをどのようにしたら良いのかがわからないらしいのです。

 

そして一番の敗因がジャストサイズを着ていないことです。夫は私服を試着をしないで買うからです。いつもシャツもパンツも靴もダブダブなのが本当に嫌です。スタイルが悪いわけではないのに勿体ないと思います。さらに最近の困ったことが、なぜか靴やベルトをハイブランドで買うようになってしまったことです。家族は口を揃えてブランドがもったいないと言っています。そんな夫は何を思ったのか、最近は無地のモノトーンをよく着るようになってきました。家族みんなで、そういうのがいいよ、とか似合ってるよなど誉めちぎって夫を洗脳し夫の私服をキレイめに改造しようと一生懸命やっているところです。

 

 

ダサい夫の服装を一気におしゃれにする方法はココ!