春服メンズコーデ!デートで、ガッカリさせない服装の方法を伝授

評判のよい春コーデが満載、メンズスタイルのコーデをみてみる

 

 

春服メンズコーデ!デートで、ガッカリさせない服装の方法を伝授

 

まだまだ寒さも残っていると、男性がダッフルコートや冬の素材で身をまとってのデートとなった場合には女性はガッカリするのです。春服メンズコーデ、つまり男性の全体のコーディネイトは、デートする女性にとっても気になるものです。胸元のジャケットと下に着るインナーとの色の組み合わせが、ぎこちないない場合には女性はガッカリします。例えばいくら黒はシックな感じがするといっても、黒のブレザーと黒のセーターなどでは服装に変化がなく女性はガッカリするのです。

 

最近は男性も、柔らかな雰囲気の人が好まれます。デートで女性をガッカリとさせない春服メンズコーデをするには、優しい雰囲気といざというときは強く感じるような男性の服装です。男性の膝から下の部分も、女性は気になるところです。パンツの裾の部分はちょうど良い丈が必要で、足の甲の辺りまでの長さが欲しく、それより短くなると女性は中途半端な丈とガッカリするのです。またパンツのすそを折り返すオシャレも良いのですが、靴がだらしないものとなった場合には女性は期待外れとがっかりします。膝より少し下での折り返しもデートする男性の可愛さを感じるものですが、その際は上半身には躍動感ある服装でないと違和感を感じさせます。色の分量の事となりますが、ボタンを外したりファスナーを開けて着ることなどは、Tシャツなど下に着るものを見せるコーディネイトとなります。

 

例えば春服メンズコーデでインナーにワインカラーのTシャツを着た場合に、ファスナーを外したパーカーはワインカラーのTシャツの分量が多くなります。色の分量を考えた服装をしないと、せっかくのオシャレが台無しとなる場合もあります。この場合、肌寒いと言ってファスナーを閉めたら感じが変わってしまい、ガッカリされることもあります。ファスナーを閉めないでのファッションとしたいならば、Tシャツとパーカーとの間にワインカラーのTシャツが多く見える様にカーディガンを着ればよいのです。私がデートで男性にしてほしい服装としては、キャメル色のフードつきGジャンです。フードは取り外しがきくもので、とってもオシャレな感じがするのです。春服メンズコーデではインナーには無地をもってきてくださいね。パンツにはオリーブ色のスキニーカーゴパンツをはいて欲しいのです。靴にはスエード調シューズのネイビーでオシャレっぽく履いて下さいね。髪型はやわらかく感じるゆるふわクラウドマッシュで、気分爽快でのデートをして下さいね。

 

151515151