旦那の服装!暑いからって気を抜いちゃダメ、夏の男性ファッション

清潔感漂うシンプルで高品質なスプートニクスのコーデ

 

 

旦那の服装!暑いからって気を抜いちゃダメ、夏の男性ファッション

 

夏は暑いものですが、年々、平均気温が上がっているようです。その暑さ対策に、アパレル業界は「夏に着ても涼しいもの」を開発しています。街を歩くと、時々、同じ服を着た人をみることがあり、少々驚かされます。暑いので、やはり、最も涼しいのはシャツと短パン、という姿でしょうか。そう、一言でくくることもできますが、やはり人それぞれ洋服のスタイルが違います。形から、フィット感、長さ、素材などで違いが出てくるのです。

 

その中でも、私が来て欲しくない旦那の服装は、年季の入ったシャツとスネのでるパンツです。正直、男性のショートパンツはいただけません。膝下5センチくらいではまだ納得いきません。パジャマならまだしも、人前では履いて欲しくないのです。なぜなら、すねに毛が生えているからなのです。あれは、男性にとっては男らしさの証になっているのでしょうか?若い男性なら、若さでカバーできますが、旦那となると気になります。もちろん、年季の入ったシャツもパジャマとしてしか認めるわけにはいきません。

 

さらに言うと、旦那の服装だとすれば夏であろうとも長い丈のパンツを履いてほしのです。それに合わせるのは、Tシャツではなく、襟のついたシャツが好ましいと思います。大人らしさがグッとでて、好感を持つことができます。暑い時期にも履ける長い丈のパンツが出てるので、なおさらショートパンツを履く必要性が感じられないのです。男性は、年をとるごとに大人の男の色気を発するべきなのです。そのためには、若い男性と同じような格好をしていてはいけないのです。旦那の服装で1番好ましい着こなしは、ぱりっとした清潔なシャツを着て、長い丈のパンツを履く、できればそこにハットでもかぶってくれたら完璧です。もしかすると、惚れ直してしまうかもしれませんね。

 

151515151