男性のビジカジスタイルの服装に多く見られる失敗を克服しよう

清潔感漂うシンプルで高品質なスプートニクスのコーデ

 

 

男性のビジカジスタイルの服装に多く見られる失敗を克服しよう

 

男性のビジカジスタイルのビジネススーツというのは、上下が統一されている事。又、どのようなネクタイをしたらよいかと迷う人でも、カッターシャツが殆ど白というパターンが多い世界なので、特に、ひどいダサさを感じる人は少ないと思うのですが、これが、ビジネスカジュアルとなると、何を着て、何を合わせればよいのかと迷う男性が多いようです。ですので、ビジカジスタイルの服装に多く見られる失敗を克服しようにアドバイスします。

 

例えばビジカジスタイルでカジュアルを意識した服装の多くは、上下異なる色彩のスーツを着用し、それに加え、カッターシャツの色彩を色物にしたり、ストライブ柄にして、ネクタイの代わりとなるように、派手目のチーフを胸元に入れてみたり・・・という姿を連想しがちですが、ここで重要なのは、下のズボンが全くの無地であれば、上着は、チエックであれ、多少の柄物や、折柄のあるもの、生地自体に白黒茶の混合等の物でもオーケーですが、例え、目立たない位のストライブが、ズボンの生地色以外の色で入っている時は、上着は、完全な無地である事です。

 

又、ビジカジスタイルのカッターシャツに関しては、ズボンが無地で、上着が、多色を使った物を着用する時は、上着かズボンの中に含まれる色を一色選択した無地のカラーシャツを合わせる事。これらが、ビジネスカジュアルの服装の基本中の基本で、それらをマスターして後に、少しずつ、ポケットチーフ一つでも、小さなアクセサリー一つにでも、冒険を重ねていく事だと思うのです。

 

つまりビジカジスタイルは、上下やバラバラのズボンと上着の組合せ時に、上下共に、例えわずかでも、異なる柄いりの組合せを着こなす事の出来る男性は、殆どいないように思い、折角のおしゃれをしたつもりでも、ダサいとみなされる事の方が多いと思うのです。基本をこなす事から始めると、そのうちに、自分の好みとは別の自分に合う、他人から褒められる服装が出来るようになる事、間違いなしです。ちなみに、私は、ズボンが黒、タートルネックの首をすっぽり包む黒のセーター、その上から、マスタード色の上着を着こなす事の出来る男性が、老いも若きも無関係で好きですけれど。

 

151515151