夫の服どこで買う?学生時代の思い出がいっぱいの古い服たち

清潔感漂うシンプルで高品質なスプートニクスのコーデ

 

夫の服どこで買う?学生時代の思い出がいっぱいの古い服たち

 

平日はスーツで仕事にでかける夫の私服は、どれも学生時代のもの。もともとファッションには疎く、新しく買う機会も理由も特にないので新しい服が増えません。休日にいっしょにでかけるときに着るものもどれも古っくてダサい。品質やデザインによっては古くても十分着れるものもあるのだろうけど、夫のは学生が買える当時流行の安いカジュアルブランドばかり。しかも色も黒ばっかり。どんなにいい生地でも何度も何度も洗濯されてよれよれで、カチッとしたシャツもすそが破けていたり。古着としておしゃれなブランドではないと説明しても、買ったときの思い出や買ったときの値段がそれなりにしたという記憶があるようで、どうしても手放してくれません。
その変なこだわりもダサいと思うのですが、はっきりダサいということもできず困っています。30代に入って、仕事も順調でお給料もそれなりにもらっているので、買えないわけではありません。年相応、職業相応の格好をしてほしいと思うのですが、でかけるときの私服はどこからみても90年代の大学生。体型が変わっていないので昔の服が着れるため、本人は昔と変わらないつもりらしいですが、客観的にみて30歳すぎた大人がする格好じゃないし、そもそも私の趣味じゃない。いっしょにでかける私の身にもなってほしいのですがそれもいえません。とにかく困っています。細身の長身なので、すっきりとしたシルエットのパンツやややタイトな質のいいシャツを着たら似合うと思うし、行くお店にも合うと思うので、少しずつ矯正しています。古いものを大切にする気持ちも大切ですが、ファッションの基本はTPOなので、年相応の格好をさせることがとりあえずの目標です。

 

151515151

 

151515151