旦那服購入!服同士の組み合わせ方が迷走する旦那の着こなし

清潔感漂うシンプルで高品質なスプートニクスのコーデ

 

服同士の組み合わせ方が迷走する旦那

ファッションセンス。正直、難しいものだと思います。私自身、あまり「センスにあふれています!」と胸を張って言える人間ではないですが、旦那の服の組み合わせ方は、ときどきツッコミを入れざるを得ないことがあります。

 

1つひとつの服については、単体で見るとそこまでおかしなものはないんです。しかし「なぜそれとこれを一緒に着ようと思ったの??」と二度見することがしばしば。例えば、黒のTシャツの上にほぼ同じ濃淡の黒のジャケットを羽織ってみたり。主張の強い柄と柄をあわせてみたり。トップスとインナーのシルエットがまとまりのないものだったり。エトセトラ、エトセトラ…。

 

「ちょっとこれはない」と思った場合には着替え直してもらいますが、一緒に出かけるときはまだいいんです。こちらも止めようがありますので。一番怖いのが、止める人間がいないために微妙な服装のまま外に出てしまうこと。後でその格好の旦那に遭遇すると、なんだかしょっぱい気持ちになってしまいます。

 

昔はモノトーンのものばかり着ていた旦那。私と付き合い始めてからカラフルな色や柄物のアイテムが増えました。まるっとコーディネートして買った服は覚えやすいらしく、その組み合わせは自分で選ぶことができます。しかしその中の1アイテムで別の服と合わせるのは難しいようです。よく同じ格好の旦那に会いますので、まるで服をあまり買ってあげてないかのような錯覚に陥り、またもやしょっぱい思いをしてしまいます。

 

下手なものを引き出しに加えると、知らないところでとんでもないことをしでかしそうなので怖くて買えませんが、本音を言えば、もっと可愛い系の小洒落たアイテムをアクセントとして取り入れつつも、すっきりした印象の服を着てもらいたいです。きっともっと素敵になるよ、旦那さん。

 

 

151515151

 

151515151