秋冬の既婚男性ファッション@お金をかけなくても○○だけは必須!

秋冬の既婚男性ファッション、メンズスタイルをみてみる

 

 

秋冬の既婚男性ファッション@お金をかけなくても○○だけは必須!

 

秋冬の既婚男性ファッション、絶対やって欲しくないコーディネートはそれ部屋着?!と思うファッションです。秋冬の既婚男性ファッションの例でいうと全身ジャージ姿でダボダボしてる感じで、足はサンダルというファッション。たとえ、夕飯ブランドのジャージを着ていてもダメです。何が一番嫌かというと、ブランドのジャージなのでどこへでも着ていても平気というスタイルです。部屋着で来ている分には気になりませんが、(私は部屋着でも注意しますけど…。)見てカッコイイとは思えません。出来れば部屋着にも注意してもらってます。(私の場合ですけど…。)基本的に楽チンなスタイルの服装は好みません。なぜなら、いつまでも好きでいられる人であって欲しいのです。なので、部屋着にもこだわってます。

 

最近秋冬の既婚男性ファッションとして増えてきたジョガーパンツですが、スエット素材の物も出ていて色もたくさんあります。それを家では履くようにしてあります。あとはTシャツで充分です。Tシャツも出来れば白物を着て欲しいのですが、季節柄パーカーを羽織って出かけなければならない際に白いと、インナーシャツのように見えてしまいおじさんのシャツかと、思うので着ないようにしてます。近所のコンビニに行く際以外は下はデニムと決めてあります。デニムもこだわりがあって裾が足首見える程度のものを履いてもらってます。本人は裾を切りたくないと言いったので、裾を一回大きく折り返してその後に小さめに折るという事で折り合いがつきました。キッチリ折られてるデニムを見ると、足が短いからやってるの?と見えてしまいます。

 

去年からの流れとして、裾は短めがトレンドのようですが雪が降る地方としては大変なトレンドです。ですので、でかける際の靴は車に積んであります。そんな苦労をしても秋冬の既婚男性ファッションに気を付けて欲しいのには、輝き続けて欲しいからです。うちの旦那さんは37歳ですが、私より若く見られます。秋冬の既婚男性ファッションとしての基本の型は、私のおかけだなぁと思ってしまう程変わりましたよ(笑)

 

ダサい旦那を卒業したい人にオススメのコーデ!