ダサい旦那を改造しよっ@赤パンはないよね・・旦那様(笑)

ダサい旦那を改造、メンズスタイルのコーデをみてみる

 

 

ダサい旦那を改造しよっ@赤パンはないよね・・旦那様(笑)

 

ここ最近の話です。私の旦那様は、少しふくよかで、どちらかというといかつい感じの外見です。そんな旦那様が、最近購入したパンツが、赤色のワークパンツでした。色黒というか、元々肌の色も万年日焼けみたいな人なので、見た目もワイルド系なのに、真っ赤なワークパンツをはいたら、異常なほどに似合わなかったのです。いつもは黒や紺、ベージュなどの定番のワークパンツばかり履いているのですが、春めいてきたから思い切って買ってしまったらしく、なぜ、赤色を選んだのかはよくわかりませんが、似合わないなんてものではなかったのです。

 

個人的にも赤いワークパンツを履く男性を良いとはあまり思わないので、なぜ一言相談してくれなかったのかという概念しか持てませんでした。ただ、さすがにダサい旦那を改造しよっ「似合わな過ぎる!」とも言えなかったので、旦那様には、「雰囲気変わりすぎて見慣れないね、やっぱり落ち着いた色の方が私は好きかな?」とだけ伝えました。似合う人も中にはいるのかもしれませんが、どうしても赤色のパンツ系は、男性が履いているのは好きではありません。

 

ましてや、自分の旦那様が似合わないうえに履いているとなると、その日一日の気分はあまり晴々した気持ちにはなれないだろうなと思います。ダサい旦那を改造で季節感も大事ですが、やっぱり、私が好きなのは、定番系のデニムかチノパン、ワークパンツに、派手な色でも構わないので、単色のTシャツ、そこにチェックのシャツをはおり、シルバー系のごつめのリングを中指と薬指にしてもらい、ネックレスをシルバー系の一連で、トップはウイング系の物を3個くらいしてもらうような、そんなファッションセンスが好きです。出かけていても、厚くなったらシャツを脱いで、バックプリントも派手じゃない程度にあるTシャツだと特に魅力的ですね。旦那様にはぜひそんなスタイルの服で統一してもらいたい限りです。

 

151515151