春のモテ服メンズ@流行に敏感なのは良いけど自分を知ろう。

春服メンズコーデをキレイめに改造するためのお手本をみる!

 

 

春のモテ服メンズ@流行に敏感なのは良いけど自分を知ろう。

 

春のモテ服メンズでダサいと感じる服装というのは、着る人の、着る服によって感じ方は様々だと思います。例えば最近男性がピンク色の服を着ているのを目にする事が多くなりました。スーツも普段着もピンク色を着こなすって、本当に難しい。しかもたいがいピンクの服を着ている人ほど、似あっていないのが現実。私が過去にピンクのシャツを着て似合っていると感じたのはこの10年間で1人でした。それくらいピンクって難しいと思うんです。ピンクの色の濃さもあると思います。たいがい色の濃い男性は色の濃いピンクの服を着ています。鏡で似合っていると思って着ているのでしょうか。それとも奥さんの好みで着ているのでしょうか。後者だとしたら、可哀想です。センスのない奥さんで。でも前者でしたら、自分をもっと理解して服を選んで着た方が良いと思います。

 

スーツに限った話ではありませんが、服ってその人となりがよく出ます。春のモテ服メンズで自分を理解していない人が選ぶ服で、流行を意識した服を着こなしていると正直「残念な人」です。しかし、自分を判ったうえで服を選んでいる人は本当におしゃれだし、それが流行っていない服でも素敵に見えるし、仮にその人の顔が特別イケメンでなくてもひときわ目立ちつわけです。男性は女性と違ってボトムスはズボンしか選択肢がありません。女性のように、ワンピース、スカート、パンツ系等々を選べずズボンだけなので選択しが無い分、どういう服が似合うのか自分を理解するには非常に簡単だと思うんです。ある服を着たいから体形を絞ろうとか、ある服は似合わないけどこの服なら似合うとか、もっと頭の中で自分と向き合って服を選んでほしいです。そんな春のモテ服メンズコーデを着こなせる男性が世にもっと増えたらいいな、と思い願っています。最後に、この記事の条件にもありますが、私が好きな男性のファッションは、その人が似合っている洋服ならどんな服でも問いません。でも春のモテ服メンズ、しいて言うなら、白地のシャツにジーンズが似合う男性は、ドストライクです。

 

ダサい服装を卒業したい人にオススメのコーデ!